神道の心を伝える

 —
Rating
Likes Talking Checkins
7256 0
About あなたは、愛する我が子が 「日本人」として生まれたことを 心から誇りに思えるように、 祖国「日本」について何を伝えてあげる事が出来ますか?
Description 【全ての日本人に問う】
私達は日本の【文化】【伝統】【歴史】をどれ程知っているだろうか?

また、その時の【史実】を知っていたとして、なぜその時、その様な判断をしたのか?

日本人はなぜ切腹をするのか?

なぜ、幕府が滅びても国は滅びないのか?

私達日本人と他国の人と何が違うのか?

明確に話せる人はあまりいない。

その答えを探した時、必ず行き着くところがある。

それが【神道】

日本人のアイデンティティーにはこの神道が奥深く根付いていた。

神道は曖昧であり答えを持たない。

だから、自分達を正当化する事もしないし、何かと比較して違いを責める事もしない。

常に足りないものを受け入れ物事を決定付けず補い続けている。

日本で世界中の料理が食べられるのも、その寛容さの表れである。

また、神道は【透明な水】のようなものである。

しかし、決して染まることはない。

普通、透明な水に黒いペンキを混ぜれば黒色に染まり、赤いペンキを混ぜれば赤色に染まるもの。

また、一度染まればその色だけを取り除くことは困難である。

しかし、日本人は黒は黒だけ、赤は赤だけ、綺麗に取り除くことが出来る。

なんとも不思議な国である。

それは何故なのか?

それは【神道】は【土】と考えれば分かりやすい。

神道と言う土の上に【木】である【儒教】や【宗教】【哲学】が立ち並ぶ。

料理にしても、料理と言う【土】の上に【和食】【洋食】【中華】と言う【木】が立つと考え、【和食】さえ同列に置く。

これらを受け入れるには【協調性】が必要である。

自分の【意見を主張】し、自分の【価値観】を押し付ける訳でもなく、相手の考えを理解し、自分の意見を【差し控える】ことで足並みを揃え一歩ずつ確実に進む。

弱いものがふるいにかけられ、強いものだけが得をするのではなく【強い】ものが【弱い】ものを【養う】

【得】する事より【徳】を積むことを【美徳】とした。

実力主義、成果報酬などグローバルな考え方が日本にも導入されたが定着しなかった。

個人が得するには自分の時間に集中しなければならない。

従って、隣で困っている人を【助ける】ことは、自分が【損】をする事に繋がる。

しかし、グローバルスタンダードは隣で困っている人がいたら【隣人の様に助けなさい】とある。

日本人はこの【矛盾】を理解し【整合性】を保っている。

なぜなら、物事の判断基準は【権力】ではなく、【道徳】にあるだからである。

国を治める【天皇】から【民】に至まで【君子】としての生き方が出来る。

その民族こそ私達【日本人】なのであり【私達自身】なのである。

今一度、私達が生まれた日本を知るためにも【神道】を学んで欲しい。

そして、この事実を多くの方に発信して頂きたい。

これが次世代の世界をリードする最先端の考え方である。

このまま奪い合い一部の権力者に力が集中するのか?

世界を平和に導き、差別のない社会を作っていくのか?

私達の手に掛かっている。

平和とは何もやらずに訪れるものではない。

また、何かが起きてから行動するものでもない。

平和とは自らが作っていく事である。

---------------------------------------
※神道の心を伝えるドキュメンタリーDVDが発売しました。このDVDには私達日本がなぜこんなに素晴らしい国になったのか誇りに思える内容になっております。

▼お申し込みはこちら▼
http://xn--dvd-ib5hp39g.jp/heitate/

Web site http://xn--dvd-ib5hp39g.jp/heitate/
Share

Reviews and rating

Avatar
Rate this author