Joe DiMaggio

 —
Rating
Likes Talking Checkins
0 0
Description ジョセフ・ポール・ディマジオ(Joseph Paul DiMaggio, 1914年11月25日 - 1999年3月8日)は、MLBの元選手(外野手)。ニックネームはヤンキー・クリッパー(Yankee Clipper)及びジョルティン・ジョー(Joltin' Joe)。カリフォルニア州マーティネズ出身。。球歴1932年10月に当時兄ビンス・ディマジオが所属していたパシフィックコーストリーグのサンフランシスコ・シールズと契約、この年はシーズン終了間際だったので3試合に出場下のみだったが翌1933年は187試合に出場、5月27日から7月25日まで61試合連続安打を記録するなど打率.340、259安打、28本塁打を記録した。1934年はシーズン途中で膝をケガしてしまったが、シーズン後チームはニューヨーク・ヤンキースとの間でジョー1人と、4人+5,000ドルを交換するトレードを成立させた。1935年はケガをした膝の具合を見る意味もありそのままシールズでプレー、172試合で打率.398、34本塁打、154打点を記録してリーグMVPとなった。 ベーブ・ルースの引退後の1936年にヤンキースからメジャーリーグへデビュー。ルー・ゲーリッグがシーズン途中で引退した1939年には、いずれも初のMVPと首位打者に輝き、両雄の居なくなったヤンキースのナンバーワン・プレイヤーとなった。1941年には56試合連続安打を達成。この連続試合安打記録はメジャー記録であり、現在も破られていない。期間中の安打数は91で、4安打が4試合、3安打が5試合、2安打が13試合、1安打が34試合であった(なお、57試合目で3打数0安打で記録が途絶えた次の試合から再び16試合連続で安打を放っている)。その後も、第二次世界大戦の従軍で3年間プレーしない時期はあったものの、本塁打王や打点王を獲得するなど活躍。高打率を残しながら、デス・バレーと呼ばれるヤンキースタジアムの左中間スタンドに打球を放り込むほどのパワーも持ち合わせていた。1951年に現役を引退。ディマジオの背番号5は、引退と共にヤンキースの永久欠番に指定されている。
Share

Reviews and rating

Avatar
Rate this athlete